さて、二幕は歴代クリエ公演のコンサートに。

セットリストはこんな感じ↓

ジャージーボーイズ
ネクスト・トゥー・ノーマル
ブラッド・ブラザーズ
ウェディング・シンガー
きみはいい人、チャーリー・ブラウン
から各ナンバーが聞けた。


個人的には、大好きなウェディング・シンガーのサタデー・ナイト・イン・ザ・シティが聞けたので大満足!
欲をいえば、せっかくゆみこちゃん(彩吹真央さん)が出てくれたんだから、
ホリイのナンバーの、Right in front of your eyesが聞きたかった。


また、「みんな大好き新納慎也」がクリエコンお馴染み「役者の中でクリエに一番乗りで足を踏み入れたのは、僕だ!」的なネタ話を封印して、N2Nの裏話を話していたのが印象的。

なんでも、N2Nのオフブロードウェイでは、

・1幕のラストに、Dr.マッテンのノリノリのロックナンバーがあった

・その曲がとても大好きで、自分にDr.マッテン役がオファーされた時は、それが歌えると楽しみにしていた

・アメリカ人はノリがいいとどうしてもノってしまうから、話の世界観を統一させるためにブロードウェイにあげる時にカットされてしまったらしい

・新納氏は何度も演出家にお願いしたがNG

・ちなみに、N2Nで主役よりも先にオファーされたのは新納氏。
新納氏以外はまだ配役が決まっておらず、新納氏以外はダブルキャストでいくとだけは聞いていたらしい。
なぜなら、Dr.マッテンが出来るのが新納氏以外にいないから。

・アメリカ人はノリノリなっちゃうけど、日比谷界隈のミュージカル好きのお客様は大変おしとやかに舞台を観る人たちだから、日本ではDr.マッテンのロックナンバーを解禁してもいいんじゃないか?

・アンケートには、ぜひ
「再演熱望」と「Dr.マッテンの曲を復活」を書いて欲しい

といった話だった。

ほとんど、初演当時の新納氏のブログにも書かれていたことだったが、懐かしみながら話が聞けたので、楽しかった。

確かにそのロックナンバーはノリが良く、だが話の繋がり的には全くおかしくなさそうな雰囲気の曲だったので、
(ダイアナの電気ショック治療直前にかかる予定だったらしく、都度、電気ショックのビリビリっとした雷音的な音が格好良かった!)
再演する際は、ぜひDr.マッテンのロックナンバーも復活させて欲しい。
というか、日本版のCD出して欲しい。。
初演版でいいから激しく聴きたい。。


ジャージーボーイズとブラッドブラザーズは残念ながら未見だったため、感慨にふけることは出来なかったのだが、
曲を聴いただけで、あぁ、やっぱり見ておけば良かった。なぜ見なかったのか。と後悔。
ジャージーボーイズの再演は絶対に行かねばならない。吉原光夫さんで見れずに残念だが。。

とにかく、今回のTENTHは、日比谷界隈のミュヲタにはたまらない公演だった。

最後に残念なのが、
ちょうどTENTH公演終了後の時間帯に、お隣の宝塚で、これまたチケット入手困難中の雪組公演の開演時間帯にかぶってしまい、カーテンコール時に退出する観客が、まぁまぁ、結構いたことだ。
今回、TENTH の終了予定時間が15:20に対して雪組公演開演が15:30。
キャストたちのおしゃべりでTENTHの公演が押してしまったので、公演終了が15:35だった。
果たして、雪組へのハシゴの方々はスタートに間に合ったのだろうか。。

タカラヅカファンと東宝系ミュージカルファンは、ほぼイコールなはずなので、
クリエ公演とタカラヅカ公演の時間調整は、劇場側で考えてあげても良さそうだな。と、いっても一部のごくマニア的な人向けなので難しいだろうなぁ

もう一枚分、TENTHのチケットはゲット出来ているので、また再度レポしたい。