件名のまんまなのですが、
花總まり様(以下、花ちゃんと呼ばせていただきます)の1789でのマリーアントワネットが、
HANACHANG
でした!!


まず、1789でのキャスト発表で、
ミュージカルファン(宝塚ファン)が最も歓喜を上げて喜んだのは、
マリー・アントワネット役に花ちゃんがキャスティングされたことじゃないでしょうか。

だってですよ、
もはや言わなくても分かるとは思いますが、
花ちゃんは既にマリー・アントワネット演ってたんですから!!!




で、この時の花ちゃんアントワネットも本当に素晴らしい王妃様っぷりだったんです。圧巻で。

ファン念願のエリザベート復帰もありましたし、花ちゃんアントワネットも再び観れることに興奮が抑えきれないものでした。まさしく、花ちゃんがアントワネットやるから1789が観たかったんです!

で、宝塚版花ちゃんアントワネットを思い描いて、いざ1789を観てみると…



これは、、、、、、、、


これは、、、、、、、、、、 




HANACHANGだ!!!

これはこれで結構感動的なもので笑

実際の1789の花ちゃんアントワネットは、もちろんこれ。





東宝さんには早く登場シーンの写真を上げて欲しいのですが、
登場シーンは思わず「ほぉわっ」ともう声に出して溜め息が漏れ出てしまう程、素晴らしく美しかったです。
これは、これから観る人の楽しみにして欲しいです。来るぞ来るぞ!というエリザベートの鏡の間登場シーンとはまた違った鳥肌もの登場シーンなのです!

で、話はHANACHANGに戻しますが、

この登場シーンから、アントワネットの歌に繋がるわけですが、
頭の中のあの気高きベルばらアントワネット様ではなく、
もう、あのキャッキャしたHANACHANGだったんです。

そこの君も、メロメロでしょ?無敵の〜花ちゃん!ですよ!笑

キャラクターの違いもありますから、
1789のアントワネットは、
とにかく贅沢大好き、暇つぶししたい、遊びたい!と世間知らずの王妃様だったので、アホっぽいくらいキャッキャした感じなのは納得でした。
ちなみにMAで涼風真世さんが演じてたアントワネットも初めは世間知らずなアホっぽい幼稚なアントワネットとして演じられてましたね。

ただとにかくHANACHANGテイストでのアントワネット様が見られるとは思っていたので、それはそれでとても感動したものでした。


何度も言っているHANACHANGは、2003年宝塚宙組公演「満天星大夜總会」の1シーンです。
もう13年前のこととは。。
上演当時は、「いつまでやるんだ、花總まり!しかも後輩の彩乃かなみにおばさん!と言うなんて!」と怒りで観ていました。懐かしい。。今は、「されど花總まり!やっぱり花總まり!」の気持ちです。

HANACHANG
 



日本版の1789登場シーンがないので、フランス版の登場シーンから
とっても、とーってもカワイイ!!日本の登場シーンも負けてなかったけど。
東宝さーん!

 



ベルばらの花ちゃんアントワネット様

この、マリー・アントワネットはフランスの女王なのですからっ」
の思い出が強すぎて。。。 何度真似したことか。。(涙)
圧巻の花總まり!!!!!
1789のアントワネットキャラと違いすぎるよぉぉぉ。


 

一応、言っときますが、
花ちゃん大好きです!
いつか花ちゃんだけのブログ記事をまとめて書きたいと思います! 



 ランキングに参加します。励みになりますので、是非ポチを! 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村